MEMBER'S ONLYパスワードをお忘れの方は「こちら

Information

ご挨拶

 新型コロナウイルス感染症に罹患された方、また、さまざまな形で被害を受けられた方々に、あらためて心よりお見舞い申しあげます。非常にひっ迫した状況のなか、患者さまの治療に全力であたり、生命や国を支えてくださる医療従事者の皆さまに対しましては、畏敬の念に堪えません。ここに深甚なる謝意を表すとともに、いち早く未曾有の事態が終息し、日常の生活に戻ることを祈念いたします。
 全国的な感染の拡大、および蔓延防止に努めるべく、我々の業界にも幾多の制限が設けられました。おびただしい熱気や歓声を味わうことも、会員の方々に接する機会さえも失われたものの、スポーツやイベントが軒並み延期か中止となる一方、競馬の開催は幸い維持に至っています。まさしく関係者各位によるご尽力の賜物と言えるでしょう。ただ、情勢は日々変化しており、いまなお予断を許しません。たとえどのような形式でも、とにかくレースがこのまま無事に継続されること、そして、「競馬」や「愛馬」という存在がささやかな喜び、たしかな希望として輝き続けることを切に願います。
 2020年度の1歳馬募集にも影響はおよび、すでにお知らせした通り、6月の牧場見学ツアーは残念ながら中止とさせていただきます。募集馬を取捨選択するにあたり、必要不可欠な触れあいの場であることを重々承知し、あらゆる想定のもとで対策を練ってきました。しかし、いずれの手段をとっても、密のリスクを全面的に回避することは難しく、ご参加いただく皆さまの安心や安全を最優先するため、苦渋の決断をくだしました。大変なご不便をおかけいたしますが、諸事情をご賢察のうえ、何とぞご容赦賜りますようお願い申しあげます。実馬を見定めることのできない状況を憂慮し、新たな試みとして、普段ツアーで実施してきた周回展示を映像で提供することに決定しました。よろしければクラブのホームページをご覧いただき、なるべくご納得のうえで出資のお申込みをちょうだいできればと存じます。
 募集関連のみならず、調教部門にも大きな変化が生じました。ほんの一例をあげれば、騎乗技術などの基礎となる部分に重きをおき、地道に固める作業を反復しました。あわせて連日の内容やプロセスを徹底的に見直したことで、2018年生まれのリリーバレー調教馬は、その大半がきわめて順調な軌跡を描いています。2歳春の時点で、例年を遥かに上回る頭数が入厩へとこぎつけました。これは心身の下地が築きあげられている証しで、その歩みが正しい方向へ進んでいることを明確に物語っています。前線基地としての役割を果たす山元トレーニングセンターは、坂路コースの距離を延長し、高低差をよりつけて、馬場の素材も入れ替えるという大規模な改修工事を施しました。成果が数字に表れるのもそう遠い話ではないでしょう。
 さて、本年度のラインナップはこれまでと同様、追分ファーム生産馬を中心に、社台ファーム、ノーザンファーム、白老ファームからも提供を受け、多様な大器ばかりが見事に揃いました。ディープインパクトやキングカメハメハを父に持つ貴重な良血馬はもちろん、ロードカナロア、キズナといった注目を集める種牡馬の仔も含まれるなかで、クラブ出身であるパララサルーやシルバーステートの産駒を初めてご紹介できるのは嬉しいかぎりです。能力が高すぎるがゆえ、志半ばでの引退を余儀なくされた両馬だけに、現役時に果たせなかった夢を子供が叶える、そんなロマンティックなドラマが生まれてもまったく不思議ではありません。
 最後になりますが、昨今ソーシャルディスタンスの確保に向けて、オンライン化を模索する動きが加速しています。クラブとしても今後、時代のニーズに即した取り組みを成績向上とのいわば両輪と考え、攻めの姿勢で展開していく必要があるでしょう。スタッフの増員や若返りを図り、各々が経験も重ねてきたことで、つぎなるステップへと進む準備は整いました。いずれイメージの具現化に至れば、1頭40口ならではの「距離の近さ」や「つながりの深さ」を存分に感じていただけるはずです。競馬場や牧場において、愛馬の美しさに魅了され、言葉を失うほどの絶景を目のあたりにするといった、他ではけっして味わえない感動の体験をぜひご一緒しましょう。大切な皆さまとこの苦難を乗り越え、元気な姿で笑顔の再会ができる日の訪れを心待ちにしながら、本年度の募集をスタートします。
                        株式会社G1サラブレッドクラブ 代表取締役 吉田晴哉

ページの先頭に戻る